メナド マナド インドネシア スラウェシ島 manado indonesia sulawesi メナド マナド インドネシア スラウェシ島 メナド マナド indonesia manado sulawesi メナド マナド
Cha Cha Logo




 

名称:
ブナケン・チャチャ・
ネイチャー・リゾート


所在地:
Bunaken Island
P.O.Box1316
Manado 95000
North Sulawesi
Indonesia


電話:
国番号 62を先頭に付ける

(0)812-41001624(日本語)
(0)813-569-30370(English )

Email:
メールでのお問い合わせ


Skype Name:
cha2reiko

メナド・ブナケンの現地詳細インフォメーション

当地を訪れる皆様からの「よくある質問」を基準に、下記に基本情報、チャチャご滞在に便利な詳細情報、お支払い情報などに分けてご紹介させて頂きます。但し詳細は予告無しに変更される可能性もありますのでご了承下さい。

入国ビザ、フライトスケジュール等の渡航手続き、空港税、安全情報、渡航情報等へのご質問に関しましては、各チケット取り扱い代理店、旅行会社、各航空会社、在インドネシア大使館などに、最新情報の問い合わせ・ご確認をされるようお願いいたします。


1.一般情報

国 名 インドネシア
訪問都市

スラウェシ島 北部州都 MANADO メナド(マナド)空港コード:MDC

滞在される島 ブナケン島(メナドからボートで沖合い1時間弱に浮かぶ国立公園に指定されている島)
気 候

通常乾季は5月から10月頃 海況はほとんど凪ぎ 
雨季は11月から4月  (多少のズレはあります)
雨季とはいえ、雨が1日中降るという日は意外に少ないですが、1月末頃からは小嵐がくる確率がやや多くなることも。でも荒れても嵐が停滞する数日程度。

雨季でもダイビングやスノーケリングに問題ない日が殆どですが、海が荒れれば、潮流がやや早くなる傾向がありますし、島の反対側に行けなかったり、ポイントが近場に限られてしまうこともあります。

ベストシーズン:おススメは乾季 雨が少ないだけに透明度も上がり、凪の日が多いです。

気 温 年間平均28℃から32℃
水 温 年間平均28℃
時 差

メナド(マナド)、ブナケン島は日本より1時間遅れ

言 語 公用語はインドネシア語 街ではメナド方言 ホテル、ダイビングサービス、大手銀行では大抵英語は通じますが、それ以外はメナド方言
宗 教

メナド、ブナケン島ともに9割方がクリスチャン  
街中のあらゆる場所に教会が存在します。それ以外ではイスラム教、仏教などです。

渡航手続き

★メナドも既に観光VISAフリーになりましたが、インドネシア側で予告なしに変更されることもございますので、ご出発前に外務省/大使館サイト等でご自身でご確認をお願いいたします。


インドネシアへの入国には、パスポートの残存有効期限が6ヶ月以上必要なので要チェック!

★ パスポートに、完全なる空白が2ページがあることが必須です。
  3ページ以上の空白ページが残されていることをご確認されることをお薦めします。もし無い場合、移民局で問題にされ大金がかかったり、出入国に困難をきたす可能性がありますのでご注意下さい

通 貨

インドネシアルピア(Rp)
現地銀行では1USドル=約14,000ルピア程度('19 4月現在)
但しホテル及び当リゾートでは、当日の現地銀行レートを元に換算したレート使用ゆえ、ネット上で皆様が見かけるレートなどとは必ずしも同じではありませんのでご了承ください。

ゼロが多くて分かり難い、という声が多いですが、実は下のように考えれば、意外にカンタン。
例えば、10,000ルピア(1万ルピア)=約100円
     1,000ルピア (1千ルピア)=約 10円 ということになります。
ゼロを二つ取るだけですから、これなら理解し易いハズです😉

治 安

メナド(マナド)は昼夜とも安心して歩ける街ですが、夜遅い女性の一人歩きはもちろん注意。市場などではスリなどもたまに出没するようですの注意してください。

空港では今年はじめて置き引きが出たそうですので、お荷物管理には各自、充分にご注意下さい。

チップ

基本的にはチップの習慣有り。 
チップとして別に支払う必要がないのは、お勘定(レシート)に自動的にサービスチャージとして加算される大型ホテルやレストラン、スパなどを利用する場合のみ。
サービスチャージを特に加算していないリゾートやダイビングサービスでは滞在最終日にチップをまとめて、というのが一般的です。

スタッフ人数、滞在期間にもよりますが、目安としては
スタッフ一人当たり1日、1ドル(US)つまり1万ルピア弱程度。
空港のポーターには荷物一個につき1万ルピア
(簡単な空港内での荷物の運搬のみ)
レンタルカードライバーへのチップはタバコ代(1万ルピア)程度
ただドライバーに予定外のちょっとした街案内などのガイドを頼んだ場合はUS$5~US$10程度が望ましいです。(実費はもちろん別途)

レンタカー

レンタカーといっても必ず運転手付
料金1時間につき100,000ルピア以上から(車のタイプ、新旧にもよる)
交渉が必要な時がほとんどですが、英語の話せるドライバーが少ないのが現状で、少々難しいところです。
空港、市内各ホテルの入り口前などで見つけることができますが、港付近では不可。事情を知らないツーリストが路上でこれをつかまえるのは不可能に近いと思われます。

タクシー

空港でもたくさん待機している、番号付タクシー(今後は今迄のRV型でなく、セダン車のみになるそうです)が一般的。
空港からメナド市内ホテルまでは、100,000ルピア程度と思ったほうが無難です。

料金については先に交渉するか、メーターを使用するか、実際に使用しているかどうか、一応確認した方が良いかと思います。 

空港以外の場所や街中などでは、英語が話せるドライバーはかなり少ないのが頭痛の種ですが、ひたすら交渉あるのみ。

通りで流しを拾う場合、メインストリート、大型ショッピングセンター入り口などで見つけることが可能。ただし、ツーリスト、特に日本人はやはり高額を要求されることも多いので要交渉。
残念ながら港ではタクシーなどは常駐しておりません。

メナドの空港税

チケットにすでに組み込まれているようで、空港で現金で空港税を払うというものは無くなったようです。

ただ法律なども予告なしに変わったりしますし、インドネシア国内の空港によってもそれぞれ空港税が異なりますので、事前に領事館などに問い合わせるなど、ご注意が必要です。

ブナケン
国立公園入園料

法律により1名につき150,000ルピア(大人と12歳以上の方の料金)
*12歳未満のお子様は無料になりました(随時変更の可能性有り、現地にてご確認下さい)

一般的には、皆様の滞在される現地ダイブセンター、リゾート、ホームステイ等により徴収されます。詳細は、ブナケン国立公園入園料のページをご覧下さい。


2.ご滞在に関する重要情報                              TOPへ戻る
★最重要事項★

島への上陸時
のご注意

島は国立公園に指定されている為、桟橋が限られた場所にしかなく、当リゾート前にも桟橋は作れませんので、皆様にはビーチに直接上陸して頂く事になります。それゆえ、時間による潮の干満にもよりますが、
膝下程度まで多少濡れても良い格好(短パン、脱げにくいサンダルなどの着用等)
に、空港などで予め着替えていただくことを強くお薦めします。 お荷物につきましては、慣れたスタッフが濡らさずに皆様のお荷物を運びますのでどうぞご安心を。

リゾートまでの
送迎サービス
について

【空港および港、市内〜リゾート間 午前7時半〜午後2時半港出発の往復送迎】

正規料金(プロモーションや割引無し料金)でいらっしゃる方の場合の料金
大人¥6,500/回/お一人様につき(往復、メナド市内および港〜リゾート間送迎)
12歳未満のお子様¥4,400/回/お一人様につき


国内線等のフライト時刻遅延の場合について(必ずお読み下さい)

ジャカルタやバリからなど、特に国内線ご利用の場合、出発時刻に30分以上の遅れがあった場合には、出発地にてご出発前に、携帯電話のSMSサービスまたはメールで構いませんので、必ず一言ご連絡をお願いします

スタッフは30分迄はその場で待機しますが、その後はその場を離れ、別の送迎を手配し直す事になりますので、ご連絡の無かった場合、
お一人様につきUS$40ずつの追加料金をチャージさせて頂きますのでご了承下さいませ。

【アーリーチェックイン】
午前便ご利用の方、インターネット料金、KITAS割引、その他の割引、プロモーション料金ご利用の場合で、当方指定時間外送迎の場合には、追加料金が発生いたします.
ランチ付きでUS$50/お一人さまにつき/大人,子供同額料金)

【アーリーチェックアウト】
早朝便ご利用などで通常送迎時間外(午前7時半前)に出発される方
お一人様につきUS$50/大人,子供同額料金 の追加料金とさせて頂きます。

【レイトチェックイン】
午後2時以降の便で到着される方、または便の遅延などで通常送迎時以外のボートにてリゾートに来られる方
お一人様につきUS$50/大人,子供同額料金の追加料金とさせて頂きます。
ボートのメナド港の出港は 午後4時最終 とさせていただきます。
(夜間送迎は行っておりません)


【レイトチェックアウト】
通常送迎より遅くご出発ご希望の方、夕方便をご利用の方で、レイトチェックアウトご利用ご希望の方は事前予約をお願いします
追加料金はランチ付きで、お一人様US$50/大人,子供同額料金
リゾート発 午後12時-午後3時となります。

送迎サービスは、「空港-リゾート間の直行送迎」となっております。
チャーターではございませんので御了承下さい
。リゾート側スケジュールに従って送迎させて頂きます。

送迎はなるべくスムームに行えるよう努力しておりますが、皆様の入国手続き、お荷物取得時間、他のゲストとの兼ね合い、潮の干満時間、リゾートスケジュールの都合により、空港又はボートの上で、ボート出発まで1時間くらいお待ち頂くこともありますのでご了承下さい
ボートから離れてしまいますと、ボートが出発してしまう可能性もあります。
できればなるべくボート上でお待ちいただくか、ボートから遠くへは離れないようにお願いいたします。

空港には、皆様のお名前を記したホワイトボードを持ったドライバーの者が参りますので、その車、または契約タクシーにて約20~30分(他のゲストと同乗の可能性有り)で、港に到着します。
昼の便で到着されるゲストの方の場合、港出発はだいたい午後3時ごろを予定しております(午前中に到着する便の場合は別)。

港から島のリゾートのあるロケーションまでボートで1時間弱です。
船酔いされやすい方でしたら、専用の酔い止め薬などをご持参されたほうが良いかもしれません。港には市場も隣接しており、かなりほこりっぽくて汚いけれど、東南アジア特有ともいうべき地元民の生活の場ゆえの大変活気にあふれた風景を目にされることでしょう。まあこれもあくまでも港近辺だけですので、どうぞあまり驚かれぬよう。

島からメナドに向かう送迎ボートの出発時間(チェックアウト時間)
午前9時30分 出発
この時間以外の送迎は、全て追加料金が発生しますのでご了承下さい。

メナド市内のスーパーなどでお買い物等ご希望の場合は、貸切ボートチャーター、貸切レンタカー(運転手付)などの手配も可能(有料)ですので、予めご予約時にご相談下さい。

帰国日:市内スーパーマーケット(限定)立寄りの為の車 チャーター
    追加料金 USD15ドル/1時間ごと (Rp150,000, 15万ルピア )から

チェックイン
& アウト時間

 チェックイン - 午後2時30分  チェックアウト - 午前9時30分
水事情

島には井戸が少数存在するのみで、水は大変貴重な資源です。シャワー、トイレ等ご使用の際、そのご使用量に充分気をつけていただければ幸いです。

当方でシャワー、洗濯等に使用しております水は敷地内の井戸、雨水、そして2012年から取り入れた海水淡水化装置によってつくり出された水、もしくはブナケン村、スラウェシ本島から購入してくる水です。

ブナケン島はサンゴ礁の隆起でできた島ゆえ、井戸の水はハイミネラルで硬質、化石化した珊瑚層の塩分が微量に含まれております。 よって、 シャワー時に若干しょっぱい味がするので、海水と思われる方もいらっしゃいますが、そうではなく、肌にもベタつき等はございません。
体には良いものの、飲み水には適しておりませんので、飲まないようお願い致します。

環境保護目的もあり、トイレットペーパーは、流さずに脇にあるゴミ箱に廃棄をお願い致します。大量のシャンプーなどのご使用や、個人でのお部屋でのお洗濯等もなるべくご遠慮頂ければ幸いです。(ランドリーサービス1点US$1.5/脱水1点US$1.5)

★ 調理用の水は全て海水淡水化装置によってつくり出した飲料水、または本島から購入してくる”アクア”を使用しておりますのでご安心を。
お部屋には常時、無料飲料水をご用意してありますので、飲料水、ハミガキ用の水としてご利用下さいませ。

尚メナド(マナド)市内も、水事情に関しては全く差がなく、大型ホテルにおいても水道水を直接飲むことはリスクです。大型リゾートホテルであっても直接飲まないようにし、必ず備え付け又は有料のミネラルウオーターをご使用下さい。

電 気

220V 
当方の自家発電機を使用しております。発電機数台を切り替えながらとなりますので、切替え時のみいったん電気がなくなりますが、すぐに復活いたします。切替えは1日3回あります。

念のため、充電式電池等、充電が必要な器材をお持ちの方はなるべく日中の外出時に、お部屋にて充電を済ませておくことをオススメしております。
プラグは丸ピン2穴形状ですが、日本の平型のものが差し込めるプラグは既にお部屋に備え付けてありますので、そのまま差し込むことができます。

日本製ドライヤーなども含め、お部屋での大きな電力を必要とする電気機器のご使用はご遠慮下さい。
現地でのリクエストによるドライヤーの無料貸出しが可能です(台数に限り有)


インターネットおよび通信事情

インターネット接続
★無料インターネット接続サービス(お部屋で使用可能) 

島には電話線(ランドライン)が少なく、当リゾートにも携帯電話があるのみです。携帯電話からの通話(日本へも可能)は有料ですが可能です。

リコンファーム

現在はリコンファームの必要がない航空会社が殆どだと思われます。

蚊の状況

意外に少ないのでゲストの皆様に驚かれるほどです。
もちろんお部屋には蚊よけマシーンと、蚊取り線香の両方をご用意してあります。日ごろから刺され易いという方は蚊よけスプレー、かゆみ止めクリームなどのご持参をおすすめしております。

室内設備

■スーペリアルームカテゴリー■
エアコン、扇風機、温水シャワー、洋式水洗トイレ、タオル、薄手のブランケット、ミネラルウオーター、シャンプー、ボディーソープ、コンディショナー、トイレットペーパー、蚊よけグッズ、蚊帳、日本式電力プラグ差込可能プラグ

■スタンダードルームカテゴリー■
エアコン(2013年4月末より全室設置)、扇風機、温水シャワー、洋式水洗トイレ、タオル、薄手のブランケット、ミネラルウオーター、トイレットペーパー、蚊よけグッズ、蚊帳(リクエストにより)、日本式電力プラグ差込可能プラグ


シャワーは全室温水シャワー完備。
ブナケン島内では数少ない温水シャワー施設のあるリゾートということになります。

お部屋用にはタオルがご用意してありますが、ビーチ等外部への持ち出しはご遠慮下さいますようお願いします。(ボートにてスノーケリングツアー、ダイビングツアー等に出かける方につきましては、ボート専用タオルをボートにご用意しております)

それぞれのお部屋にバルコニー付

スーペリアルームカテゴリーには、椅子&テーブル以外にも、当リゾート専属大工手作りの”リラクシングビーチベッド”をご用意しております。

リクエストにより、ホットウォーター水筒、ドライヤーの貸出し可(数に限り有り)

食 事

当リゾートでは食事は地元のインドネシア料理(中華料理に近い風)、ちょっとした日本の家庭料理、そしてたまにパスタなどをミックスしたおまかせ定食となっており、メニューはございません(日本の旅館・民宿などと同様スタイル) 基本的には毎日ご飯(お米)がつきます。辛いものが苦手な方でも安心のメニューとなっております。

ベジタリアンの方はうちのメニューならばさほど大きな問題ではありませんが、島にスーパーがあるわけではございませんゆえ、できれば予め教えていただけますと、1皿でも別のものがご用意し易いので大変助かります。急ですと別のものをご用意できない場合もございますので、ご了承下さい。
また、食品アレルギーのある方、好き嫌いがかなり激しい方などの場合は、個人専用のインスタントの食料品等(調理不要な食料)をお持ちいただくことを強くお薦めします。(島にはスーパーマーケットなどのお店は一切ありません故)

定食制ではありますが、ゲストの方々からは、
   「毎日の食事が美味しくて、南の島のリゾートにしては珍しい」
  「そんなに心配する必要がなかった。」「間食用に持参したおやつやカップ麺が必要なかった」等のお声をいただいております。尚、必要のなかったカップ麺は、よろしければ置いていって下さっていっこうに構いません(笑)

お誕生日や、ダイビング本数達成日など、特別な日のスペシャルメニューなどの手配はオプションサービス(有料)にて可能ですので、ご予算に合わせて事前にご相談下さい。


ソフトドリンク又は アルコールについて

ソフトドリンクは、本場コーヒーアイランド、スラウェシ島のローカル(地元特産)コーヒー&紅茶(双方ともHOT or COLD)をはじめ、アイスチョコレートドリンク、オレンジジュース、マルキッサ(パッションフルーツ)ジュース、コーラ、トニックなどをご用意しております。

本格的なエスプレッソをチャチャで!!南国の島でも、本格的な美味しいエスプレッソが飲みたい!という方には”ネスプレッソ”(ネスレから出ている本格的エスプレッソメーカー)をご用意。南の島で、海を見ながら、いつでもフレッシュで香り高いエスプレッソを堪能して頂くことが可能です。メナド・ブナケン界隈で、ここまで美味しいエスプレッソ、カプチーノが飲めるのは、おそらく当リゾートのみではないかと(笑)

アルコールに関しましては、ビール、ワイン、ウォッカ、ジン、ウィスキーなどベーシックなものでしたら揃っております。
(ダイバーの方は常識の範囲での飲酒をお願いいたします。場合によっては翌日のダイビングをお断りすることもございますのでご了承下さい)

■アルコールの持ち込みをされる方へ■

常識の範囲内でのお持ち込みをお願いいたします。
当方でもバリ産ワイン、洋酒などのご用意をしておりますので、よろしければこちらもどうぞご利用下さい。
★ビールの持ち込みはご遠慮下さい。★

尚、ジュースやアルコールの持ち込みをされた場合の、氷のサービス、冷蔵庫での保管リクエストなどに関しましては制限させていただく場合もございますので、ご理解御了承下さいませ。

貴重品

パスポート、現金、宝飾品などの貴重品は必ず各自で鍵のかかるスーツケースかバッグなどに保管していただければ充分ですが、こちらで貴重品をお預かりすることも可能です。

お出かけの際はお部屋の鍵をおかけになり、ルームキーをダイニングまでお持ち下さい。キーはこちらで保管させていただいております。
リゾート内は極めて安全ではありますが、不必要な問題を避け、皆様に快適に過ごしていただくためにも、どうぞこの点につきましてのご理解とご協力をお願いいたします。

スマホ、サングラス、お部屋の鍵等の携帯品のお忘れ物、置き忘れにどうぞおきをつけくださいませ。

●不燃物処理

島内は言うに及ばず、メナドにも残念ながらリサイクル施設はまだありませんので、環境を考慮し、大きなプラスチックゴミ、使用済み電池、スプレー缶、シャンプーボトルなどのゴミはそのままお持ち帰りいただきますよう、ご協力をお願いいたします。 
電池等ご使用の皆様には充電可能な電池をお持ちいただく事もご考慮いただけますと幸いです。

●ランドリー
サービスご案内

ランドリーサービス有り(有料)
但し天候、湿気によりすぐには乾きませんゆえ、日数に余裕をもってお出し下さい。


お部屋での洗濯はなるべくご遠慮下さいますようお願いします。

(コテージ設置の汚水処理タンクは自然の力でバクテリアが汚物を分解するようになっており、シャンプー& 石鹸等ご利用の上、さらに洗濯洗剤をご使用になりますと、その効力がなくなってしまうという事情がある故)

配水管に 靴下/下着などを詰まらせたりしますと、大量な水もありませんので、
撤去作業が非常に困難で、お部屋のご利用が不可能になってしまいますので、どうぞ宜しくご理解ご了承頂ければ幸いです。

その他アクティビティのご案内

・島の内陸部の村ウォーキング(お部屋に地図のご用意がございます)
 

・伝統的スタイルのボートでのトローリングフィッシング
  (最低でも4日前くらいまでのリクエストをお願いします)
  所要時間約4時間
  料金は要問い合わせ

その他有料
サービスについて

当リゾートにお泊りのゲストの方に限りましては、インドネシア国内線チケットの手配、現地ホテルの手配、レンタカーの手配や、高原地帯へのツアーの手配等なども行っておりますのでお気軽にご相談ください。

チップ

チップは強制ではなくあくまでも心づけですので、金額に関しましてはゲストのご判断にお任せしております。

ただ、ゲストからのご質問が多いようですので、一般的数字を提示させていただきますと、
スタッフ一人につき1日1ドル(US)又は1万ルピア
当方のスタッフは常に20名〜30名程度ですので、
1日平均US$20ドル(15万ルピア)×滞在日数、
といったところでしょうか。
ご相談があった場合は、通常最終日の精算時にまとめて頂き、当方で後ほど皆に分配というシステムをとらせていただいております。

ローカルスタッフの場合、後でスタッフ同士で問題になりやすいため、上記の方法をとっております。

尚、不必要な混乱と問題を避けるためにも、枕銭(ピローマネー)として現金をお部屋に残すことはお薦めしておりません。チップボックスをおかない理由も同様です。
どうぞご理解ご了承下さいますようお願いいたします。




3.ご予約確定のためのお支払い方法又は、現地でのお支払いについて          TOPへ戻る
ご予約確定時の お手続き/
お支払い方法


<ご予約確定手配>
ペイパル代金は、PayPal(ペイパル)にてクレジットカードでのお支払いが可能ですが、手数料(代金トータル 4%)の追加チャージが必要になります。

それでもご希望の方はメールにてその旨をお知らせくださいませ。

ご請求をペイパルより送信後3日間はお部屋を仮予約、その後は自動的に仮予約解消となりますので、3日間以内にお振込をお願いいたします。
(直前予約、グループ予約の場合はそれぞれ別の規約となります)

現地精算

インドネシア・ルピアの現金によるお支払い

 


現地では基本的にはUSドル料金表を使用しています。
現地通貨であるインドネシア・ルピアでお支払い頂く場合は、ルピアでUSドルを「買取」してから、こちらにお支払い頂く形になるため、使用するレートは、USドルをルピアに両替する「販売レート」ではなく、ルピアをUS$に両替する「買取レート」を基にしています。

ゲストの皆様が、両替所などでUS$をルピアに両替する「販売レート」に比べると若干不利となりますので、予めご了承下さい。

現地精算

USドルでの
お支払い


1.紙幣は2001年以降の、できれば新札をご用意くださるようお願い致します。
2.50ドル未満の小額紙幣は両替レートが更に下がります。
  50ドル以上のお支払いにつきましては、50ドル札、100ドル札の紙幣にて
  お支払い頂きますますようお願いします。
  (市内のBCA銀行ではUS$20以下小額紙幣の交換を拒否)

*2000年以前に発行された古い紙幣
*折り目のある紙幣
*破れ目、切れ目のある紙幣
*落書き、スタンプ跡、ホッチキスの穴等ある紙幣

上記のような紙幣については、現地銀行では受取りを拒否されます。
当リゾートでも受領することができませんのでご了承くださいませ。

1995年くらいから2000年以前にかけて偽札が出回った年とのことで、それを警戒し受け取らないのが主な理由だと聞いております。
空港で入国の際に支払う、ツーリストビザ代金支払い時においてもこのような点を指摘される可能性がありますので、じゅうぶんご注意下さいませ。

 

現地精算

クレジットカードでのお支払い


現地での追加サービスなどの精算時のみ、クレジットカードのご利用が可能です。

使用可能なカードは、*VISA, MASTER カードが可能となります。
インドネシア国の法律により、インドネシアルピアでの精算となります。

隠れたコストはチャージしていませんが、下記の注意点をご参考になさって下さい。
★ご注意点★

*ルピアでUSドルを「買取」してから、こちらにお支払い頂く関係で、
 使用するレートは、USドルをルピアに両替する「販売レート」ではなく、
 ルピアをUS$に両替する「買取レート」を基にしています。

 ゲストの皆様が、両替所などでUS$をルピアに両替する「販売レート」では
 ございませんので、比べると若干不利となりますので、予めご了承下さい。
 

*インドネシアに限らず、海外ではなぜか、他の店では
 問題なく使えるカードでも、ある店では全く使えない、
 という事もたまにあります
 クレジットカードでお支払いをご希望の場合は、複数のカードを
 ご用意しておかれる事をお薦めいたします。


現地精算時の
日本円での
お支払い


日本円でのお支払いはもちろん可能です。
お釣りはインドネシアルピア(又は米ドル)になりますのでご了承下さい。
現地でのその他の追加サービス分につきましては、基本的に
 USドル料金表使用 となりますので、ご了承ください。

現地精算時の
その他の貨幣によるごお支払い


米ドル、ユーロ、シンガポールドル、イギリスポンド、ルピア等での現金のお支払いももちろん可能です。
但し、インドネシア紙幣をお持ちの方も、発行年代、紙幣自体が古いものについては受領できませんので、ご了承下さい。

日本円からの両替はシンガポールなどの経由地空港内、またはメナド空港内にある両替所にての両替が可能です。

トラベラーズチェック お取り扱いしておりません。 (実際にご本人を銀行へお連れしないと換金してくれない為)