メナド マナド インドネシア スラウェシ島 manado indonesia sulawesi メナド マナド インドネシア スラウェシ島 メナド マナド indonesia manado sulawesi メナド マナド

スーペリアコテージ イメージ
スーペリアコテージルーム例

 

 

 

 

 

 

 

 


ACCOMMODATION

アイコンヒストリー

アイコンチャチャって何?

アイコンメッセージ


 ハイビスカスのトンネルをぬけて
ハイビスカスのトンネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


名称:
ブナケン・チャチャ・
ネイチャー・リゾート

所在地:
Bunaken Island
P.O.Box1316
Manado 95000
North Sulawesi
Indonesia

電話:
国番号 62を先頭に付ける
(0)812-4100-1624(日本語)
(0)813-569-30370(English )
(0)821 8829 4140(Resort)

FAX:+65 (0)67228665

Email:
メールでのお問い合わせ

Skype Name:
cha2reiko

メナド・ブナケン島チャチャでのご宿泊

国際際空港のあるメナド(マナド)からボートで1時間。
ブナケン島東側の海岸線沿いに、地元では「パンテ・ブロ(竹のビーチ)」と呼ばれる、小ぶりながら白砂のビーチがあります。

隣近所のないトロピカルフォレストに囲まれた、その美しい浜辺にひっそりとたたずむ楽園のコテージたち。

オーナー夫婦自らデザインしたヴィラ、そしてコテージは地元の木材もふんだんに使用。重機どころか、電動ドリルさえ手に入らなかった時代ゆえ、夫婦自らコテージの土台の手掘りにも参加した歴史があります。

移住当初メナドにおいても、高原地帯の大工村においても、職人と呼べる人はおろか、経験ある大工は存在しない時代でしたので、最初に建てられたコテージでは、壁の木材のヤスリ掛けなども全て夫婦の手に寄って行われした。
地元の大工達にオーナが指導を行い、丁寧な作業に力を入れ、ゲストが快適に過ごせる点を常に前提とし、かつ、自然になるべくインパクトを与え過ぎないよう注意しつつ建てられました。 現在の改装、新築時においても、オーナー夫婦は変らぬそのスタイルを続けております。

お部屋のカテゴリーは、現行のスーペリアルーム、
スタンダードルーム、そして
2015年4月10日より、オーシャンビーチヴィラ
同年 7月10日より、  オーシャンビューヴィラ
という新しいカテゴリーが加わって4カテゴリーとなっております。

カテゴリーは4種類 ←詳細はこちらをクリックして下さい。

オーシャンヴィラでは、更なるプライバシーを追求し、ゲストにゆっくりくつろいで頂くための空間スペースを増やしました。
もちろん、現行のスーペリアコテージと、2013年からエアコン付きとなったスタンダードルームにおいても、ブナケンの自然豊かな環境に囲まる中、海からの心地よいシーブリーズを感じながら快適にお過ごし頂ける筈です。

各部屋には蚊取り線香や蚊取りマットなどの蚊よけグッズもご用意してありますが、意外にも乾季などは特に蚊が少ないのできっと驚かれることでしょう。
お部屋には毎日無料飲料水をご用意しております.

暑さを心配される方も多いのですが、島なので風通しが良く、夜から朝方にかけてはやや寒いほど涼しくなることも多く、赤道直上(1度上なのでまだ北半球??)とは思えないほど過ごしやすいのが特徴です。

全室バルコニー付。ここでのーんびり読書や昼寝をして過ごしてみるのはいかがですか? 潮騒や優しい海風が心地よく耳をなでてくれることでしょう。
バルコニーから直接ビーチに出ることができるのも魅力。あなただけの大切な休日を大切な人と心ゆくままお過ごしください。

コテージ裏手から島のほぼ反対側、西側のメインビーチであるリアンビーチまでのフォレストウォーキングに出かけることも可能です。お部屋に地図をご用意しておりますので、どうぞご参考になさって下さい。島の反対側、ブナケン島の正面玄関でもあるリアンビーチまでは、途中お花の咲く可愛らしい雰囲気のタンジュンパリギ村をぬけ徒歩で片道30分程度です。地元観光客用のカフェや、お土産屋台が軒を並べています。

■■■■ とっておきのNEWS !  タルシウス・スペクトラム ■■■■

スラウェシ・メガネザル「タルシウス」以前から、チャチャのコテージ敷地内周辺には、あの!タンココ国立公園でしか見られないということと、世界最小サルであることで有名な、
スラウェシ・メガネザル 「タルシウス」
(Tarsier Spectrum)
が生息しています。

声は島に移住以来ずっと聞いてきたものの、コウモリだとばかり思って確認しなかったのですが、昨年スタッフに言われて初めてその姿をチェック、数匹のファミリーが住んでいるのをこの目で確認しました。
彼らの声が聞こえたら、ぜひお部屋からでも、”タルシウスウォッチング”をしてみることをおススメします。