メナド マナド インドネシア スラウェシ島 manado indonesia sulawesi メナド マナド インドネシア スラウェシ島 メナド マナド indonesia manado sulawesi メナド マナド

チャチャのボート

会えるチャンスも?!

マナドでスノーケリング

美しいドロップオフの珊瑚観賞

リゾート前からレッツスノーケリング!

スノーケリングでも目撃可能なアオウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNORKELING

マナド ブナケン島でスノーケリング 

iconstar スノーケリング詳細
iconstar ポイントマップ 
   

★スノーケリング詳細情報
ノーケリングに関するゲストからのよくあるご質問などを考慮した 詳細情報のページです。

★ポイントマップ
スノーケリングボートツアー(又はダイビングツアー)ご利用の方用、ブナケン国立海洋公園周辺のポイントマップはコチラです。ぜひ参考になさってくださいねー!

ボートツアー
スケジュール例

07:30 :朝食
08:30 :ボート出発
ダイバーと同乗
ポイントを2カ所巡る
12:30 :リゾート着昼食

↑リゾート着時間は目安です。
その日によって多少時間がずれることもあります。

珊瑚礁に集まるカマスの群れ



チャチャも掲載済!
地球の潜り方ガイド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


名称:
ブナケン・チャチャ・
ネイチャー・リゾート

所在地:
Bunaken Island
P.O.Box1316
Manado 95000
North Sulawesi
Indonesia

電話:
国番号 62を先頭に付ける
(0)812-4100-1624(日本語)
(0)813-569-30370(English )
(0)821 8829 4140(Resort)

FAX:+65 (0)67228665

Email:
メールでのお問い合わせ

Skype Name:
cha2reiko

メナド・ブナケン国立海洋公園でスノーケリング

世界有数の広大な珊瑚礁がお花畑のように広がるブナケン国立海洋公園。
その広大な規模もさることながら、ぴっきぴきに元気でカラフルな珊瑚礁で夢のようなスノーケリングをしてみませんか?

「今までキレイな珊瑚礁を求めて世界中いろんな場所に行ってスノーケリングして来たけど、ここのリーフはその中でもサンゴの素晴らしさでは一番といえるんじゃないかな。」

というのが、チャチャにいらしたゲストから最も頻繁に聞く感想です。

先日もスノーケラーゲストから頂いたメールでは、

「単にスノーケルをやっているだけで世界中を知っている訳でもなく大きなことは言えませんが、そちらで見たあのドロップオフは私達を驚かすには充分過ぎるものでした。私の知る限りの世界では間違いなくNO.1だと確信しております!」

と、珊瑚礁だけでなく世界有数のドロップオフ(サンゴに覆われた断崖絶壁状態のリーフが、海の青い深場に落ちて行く様子)についても絶賛の声を頂きました。

一生に一度は、このくらいのサンゴを見ておくべき。試しにぜひ一度遊びにいらして下さい。」 とは、オーナーの弁。

どこまで本当か、ぜひ皆様にもご自分の目で確かめていただきたいと思います。日本からはまだ直行便がないだけに不便ですが、「キレイな海を求めて頑張って来た甲斐があった。」という声が圧倒的。
ダイビング関係やリゾート雑誌が最近頻繁に取材に来ては、「魚影の濃い珊瑚礁の楽園」として紹介されるメナド(マナド)、ブナケン国立公園。
下記写真は月刊雑誌「海と島の旅」メナド特集(2006年9月号)にて、チャチャが取材協力したときのものなんですよー。

水中造形「海と島の旅」に掲載されたチャチャハウスリーフと当時のスタッフ、ジュンコ嬢
水中フォトグラファー むらい さち氏

水中撮影
プロカメラマン
むらい さち氏
(モデル:うちの元イントラじゅんこ嬢)
 

ハウスリーフでのスノーケリングについて

スノーケリングの世界お部屋から出てたった数歩で美しい海へ。
目の前の海に、広大な珊瑚礁のプールが広がっています。そんなハウスリーフを独り占め。浜辺からのスノーケリングを簡単に楽しめるのも、島滞在ならでは。

他では体験することのできない、ブナケン国立公園周辺リゾートの中でも、ベスト中のベスト!ロケーションにある、ブナケン・チャチャ・ネイチャー・リゾートだけの最大のメリットです。
世界に名だたる南の島のデスティネーションの中でも、これだけ広大な珊瑚礁が広がるハウスリーフ目の前に持つリゾートは非常に少ないのだから、もっとこの点を大きく宣伝するべき、とよくゲストに言われております。



"メナド(マナド)本島側滞在との比較"


リゾート前に広がる珊瑚の絨毯この点についてはゲストからもよく質問、指摘を受けますので、既にメナド側に滞在されたゲストからの感想、アドバイスに従い、下記にガンガン主張させて頂くコトにしました〜 (*^▽^*) 

 


-メナド本島側リゾートに滞在されたゲストからの感想-

●珊瑚礁のあるキレイなブナケン島に来るまでボートで1時間かける手間と移動の必要有り移動時間長し
●ロケーションが港のそば造船所の近くで、ゴミや油の浮く海
●単に漁村ビーチで船が何隻も係留されているビーチ
●マングローブに覆われてしまっている
●黒砂で海の色が大変暗いか、泥まじりで真っ黒か抹茶色の海が多く、ビーチで泳ぐ気にならない。雨など降った際には、透明度が全く無くなるビーチ
沖にひっぱられる潮流が強く安心できない
●海、ビーチまでの距離が数百メートルもあり、海がとにかく遠い
●街の喧噪、モスクや教会音楽ディスコ町内放送などの騒音に悩まされる滞在となる可能性大
ブティックリゾート敷地内にあるプールであっても、大量のローカルに格安または無料解放されるせいか、かなり濁ったスイミングプールで、殆ど泳ぐ気になれない

海重視、島ご滞在希望のゲストにとっては、こういった点がかなりデメリットとなる場合も有るかと思います。

<ブナケン島内チャチャご滞在>

・気が向いたら部屋から出てすぐにジュゴンやカンムリブダイも通過する、目の前のリーフでひと泳ぎ、スノーケリングが可能
・白砂のリーフで泳げる
・海の絶景を眺めながら食事が可能
・街の喧噪、ディスコやバイクの騒音、町内放送、モスク、教会放送などの騒音がなく、波や森の奏でる自然の音で目覚めることができる

バショウカジキ海重視の自然派、のーんびりされたい方でしたら、ブナケン島の当リゾートがおススメ♪ 
リゾートに居ながらにして目の前を行くイルカの群れをみたり、カツオが跳ねているのを目撃したり。
人の腰幅程度しかない細く長さもさほどない小さなアウトリガーボートで、漁師さんがバショウカジキやヨコシマサワラを手釣りで釣り上げる姿を目撃できることも。(リゾートに売りに来た魚の写真撮影大会や、魚をその日にリゾートで賞味できるラッキーな日もあります)

ボートツアーでのスノーケリングについて

オプションにて朝から昼までの約半日のボートツアーも承っています。殆どのポイントまで長くても30分程度。トイレの近い方、船酔いしやすい方やお子様連れのご家族などにもお薦めです。
ボートでは、ハウスリーフ以外のポイントにも皆様をお連れします。潮流などの影響により、そこでしか見れないお魚たち、違ったタイプのサンゴが生息するために雰囲気が異なるリーフや、なだらかだったり断崖絶壁のように見える傾斜度の異なったドロップオフ(海中に落ち込む珊瑚礁の壁)など、個性の違うポイントをお楽しみいただけます。
ボートで移動中にドルフィン(イルカ)の群れに遭遇するなど、ラッキーチャンスも広がります。