メナド マナド インドネシア スラウェシ島 manado indonesia sulawesi メナド マナド インドネシア スラウェシ島 メナド マナド indonesia manado sulawesi メナド マナド

★ウツボのヒミツ★
ドクウツボの意外なヒミツ?!

一見地味なドクウツボなんですが.....
意外にも隠れオシャレな奴だったのです。

そのヒミツは、お洒落なテールカラーに有り?!
↑これがドクウツボくんの隠れオシャレのヒミツ!
素晴らしく蛍光黄緑のリボンのような縁取り付きボディ!
なかなか普段ここまで目にするチャンスはないので結構驚き!

 

 

 

 

WHAT'S CHA CHA?

チャチャって何?のページ

アイコンヒストリー&コンセプト

アイコンチャチャって何

アイコンメッセージ


名称:
ブナケン・チャチャ・
ネイチャー・リゾート

所在地:
Bunaken Island
P.O.Box1316
Manado 95000
North Sulawesi
Indonesia

電話:
国番号 62を先頭に付ける
(0)812-4100-1624(日本語)
(0)813-569-30370(English )
(0)821 8829 4140(Resort)

FAX:+65 (0)67228665

Email:
メールでのお問い合わせ

Skype Name:
cha2reiko

チャチャって何? 

What's Cha Cha? チャチャって何? -名前の由来-

チャチャは実はある魚のニックネーム。 

幼魚の時にだけ延々とダンスの「チャ・チャ・チャ」 を踊っているみたいに動き回って泳ぐんです。何か別のものになりきってのカモフラージュで外敵から身を守っているわけですが、皆さんもご覧になったことがありますか?

この チャチャ・フィッシュ (当リゾートではそう呼ばれています)との最初の出会いは、ロンドンからゲストを連れて初ツアーでやってきた際、当方がスノーケリングをしていて発見!

見たこともない動きをするこのサカナに、ゲストも私たちもすっかり夢中に。
それで、ラフとレイコの思い出のサカナとして、リゾート命名の際にこの名前が起用されたというわけです。

チョウコショウダイの幼魚

その「チャ・チャ・チャ」を踊るがごとく
忙しく動き回るサカナの正体は、
チョウチョウコショウダイ幼魚です。

その可愛らしい模様といい、色といい、クマノミと間違えられることが多い魚ですが、どこにでもたくさんいる幼魚ではありません。スノーケリングで見つけることもありますが、普段はあまり皆さんの目にふれるチャンスは少ないかもしれません。
ただ同じサンゴの中やエリアに定住する習性があるので、一度見つけてしまえば一時もじっとしておらず、あちこちめまぐるしく泳ぎ回っているその姿を、次からは意外に簡単に見つけられるはずです。

同じ幼魚でも1センチに満たない大きさのものは格別にキュート!
小さいのにあんなに体をフリフリさせて疲れないのでしょうか?
チャ・チャ・チャ」の動きによって、ヒレの先端模様である白い部分がドレスのフリルのように見え、なんとも可愛らしい魚ですが、まともなショットを写真に収めるのは至難の業です!

ところがそんな可愛らし幼魚時代を終え、15センチくらいの若魚になると、「チャ・チャ・チャ」を踊らなくなり、体の斑点色もバラバラに広がってきて、成魚になると、その可愛さの微塵のかけらも残らないほど、下の写真のような、黄緑色っぽいボディが黒い斑点で覆われた、いたって普通の魚に。

成魚になった彼らはやや深場に移動しますが、残念ながらダイバーからもほとんど目もくれられることのないサカナに変身してしまうのです。

成魚(大人)になったチャチャ・フィッシュ ←あの可愛い白いフリルはいずこ??

ウオールの穴や近辺の暗いところに2,3匹で定着していたりしますが、ブナケン周辺で見る成魚は大抵40センチから50センチとけっこう大きめ。 
黒い大きな目だけが幼魚時代と変わらずに残っています。